HOME
  • ●渋滞と自己組織化
  • 点線面が接するところで渋滞は起こりうる.渋滞を活用すると反応が起き,抑制すると整流が起きる. 万物は反応と整流からなる.
  • ●量子論的流体力学
  • 摩擦とは点線面が接するとき,その接点に応じて生じる現象である. 空間にも摩擦があり,時空にも粘性がある.
  • ●アーラン流管公式
  • 管の流量は,管の密集度を表す束度,液中の成分が管に接する量を表す摩擦数, 管の空き比率を表す疎度の3変数の積で表せる.
  • ●ゼータ流と気象
  • 台風や竜巻などの流れを歪める気圧の作用をゼータ流と呼ぶ.ゼータ流はリーマン空間に点在している.
  • ●たおやめ波とますらを波
  • 波長を複素数で考えるには,動粘性係数と摩擦係数を用いた2つの空間摩擦係数を用いる.
  • ●摩擦係数と粘性臨界
  • 摩擦係数は,粒子同士あるいは波同士の接点の数である.接点が多いほど摩擦係数は高くなる.
  • ●宇宙項と斑度
  • 摩擦を考慮した密度を斑度と呼ぶ.摩擦付き密度は,斑度と波長の積である.λΛ=ρμ.
  • ●管流学
  • 環境も社会も流れることをやめない.変化を止めているところ,知は隠れている.管流学は,変えにくさを変えていける知を生み出す.